住宅総合調査協会ブログ

雨漏りで火災保険が適用になる?適用される雨漏りの特徴について

雨漏りで困っている人は多いのではないでしょうか。

 

でも屋根の修理は安く済むものではないので、

ためらっているという人も少なくありません。

 

自然災害の損傷による雨漏りであれば、

加入している火災保険からの

保険金を利用して修理することができます。

 

雨漏りを放置しておくと、

雨水がどんどん家屋に浸入してしまい、

被害がさらに大きくなってしまいます。

 

そのような場合であれば、

住宅総合調査協会に所属する

雨漏り診断士に調査を依頼してみることを

おすすめします。

 

ここでは雨漏りによる屋根修理について

詳しくお伝えします。

雨漏りが起きたら屋根を素早くチェック!

最近、台風や暴風雨、地震などの被害が

とても増えています。

 

飛来してきた物によって瓦が破損したり、

地震によって瓦がずれてしまったりした場合には、

雨漏りを起こしてしまう原因となってしまいます。

 

もしすでに雨漏りしているようであれば、

早急に対策することが必要です。

雨漏りの放置の危険さ

それほど強い台風や地震ではなくても、

繰り返しているうちに

瓦がずれてしまうようなこともあります。

 

そのため知らない間に

瓦の損傷が大きくなって、

雨漏りになってしまうことがあるのです。

 

雨漏りが始まったものの

小さな水滴だからと放置していると、

少しずつ内側に雨水が浸入し、

雨漏りの範囲が大きくなったり、

自宅内の損傷もひどくなってしまうことがあります。

 

もし既に雨漏りしているということであれば、

すぐに対処することが必要です。

雨漏りによる屋根修理には悪質な業者がいる

一般の人であれば、

普段から屋根を点検するという人は

それほど多くありません。

 

そこにつけ込んで騙そうとする

悪質な業者が存在します。

 

特に突然自宅にやってくる業者には注意が必要です。

 

「屋根の診断を無料で行っています」
「屋根におかしなところがあるから格安で見ましょうか」
「アンテナの調整を無料で行っています」
「屋根材メーカーの不備で無料点検にまわっています」

 

このような理由を付けて屋根に上がろうとします。

 

中には損傷していない瓦をわざと壊して

、雨漏りをさせてから修理の声をかけるといった

悪質な業者もあります。

 

このようなことは珍しくありませんので

注意してください。

梅雨の前に雨漏り調査を

梅雨の時期になると、

雨漏りによる修理の依頼がとても多くなります。

 

もともと破損していた瓦が、

梅雨時期の雨による雨漏りで

見つかったということが多いからです。

 

もしすでに雨漏りをしているというご家庭においては、

梅雨時期に差し掛かる前に

雨漏り診断や屋根修理を行うことを

おすすめします。

 

当然ながら梅雨時期には

修理の依頼が殺到しますし、

屋根の現地調査から工事完了まで

10日から2週間程度は必要です。

 

1か月以上もある

梅雨時期を乗り越えるためには

早めに対策しておくことが

大事です。

雨漏りで火災保険が適用になる?適用される雨漏りの特徴について

雨漏りしているにも関わらず、

費用のことが心配になって

修理することに躊躇している人も

多くおられます。

 

しかし雨漏りの原因によっては、

ご自宅で加入している火災保険の対象と

なることがあります。

 

ここではどのような場合に

火災保険の対象となるのかお伝えします。

自然災害の損傷による雨漏りであれば火災保険の対象に

雨漏りのすべてが

火災保険の対象になるわけではありませんが、

自然災害が原因であると認められれば

火災保険の対象となります。

 

例えば台風が原因によって、

瓦が破損したりズレたりした場合に雨漏りした場合であれば、

火災保険で修理費をまかなうことが可能です。

 

実際にどのような部分で

火災保険が適用になったか見てみましょう。

火災保険が適応される雨漏りの特徴

 1、棟板金の破損箇所から浸水

屋根に取り付けられている部材のことを

棟と呼んでいます。

 

金属屋根に用いられているものを

「棟板金」

と読んでいます。

 

20年以上もの家屋であれば、

トタン製のものを使用されていることが多く、

雨風によって不具合を起こしやすい

部位になります。

 2、瓦のズレ

 

雨風によって

瓦がズレて隙間ができてしまうことがあります。

 

なかなか気が付きにくく、

雨漏りによって発見することの多い部位と

なっています。

 

気付いたときには

すでにかなり水が浸入している

ということもあります。

 3、漆喰(しっくい)の破損

 

 

漆喰とは

瓦の接着や目地の充填などに

使われる建材のことで、

 

劣化すると瓦と瓦の間に隙間ができてしまい

雨漏りの原因となってしまいます。

 4、雨樋(あまどい)の破損による排水不良

雨樋とは雨が降ったときに

屋根から流れ落ちる雨水を受け止めて、

地上へと運び下水へと導くための

設備のことをいいます。

 

雨風によって外れてしまったり、

ひび割れや穴があいてしまうことで

雨漏りの原因となってしまいます。

 5、クラック(ひび割れ)からの浸水

クラックとは「ひび割れ」「裂け目」「亀裂」などのことで、

建物の壁や床、基礎などに発生したものを

いいます。

 

地震によるものや地盤沈下によって

引き起こされることがあり、

その隙間から雨水が入ってしまいます。

 6、防水加工の破損

家を長持ちさせたり、

雨漏りを防ぐために

屋根や屋上には防水加工が施されています。

 

しかしどんなに強力な防水加工でも

雨風による経年劣化や台風などの災害によって

効果が落ちてしまうことがあります。

 

防水効果が落ちてしまうと

雨漏りしやすくなってしまいます。

「一般社団法人 住宅総合調査協会」なら雨漏り診断士に調査の依頼が可能

住宅総合調査協会には

「雨漏り診断士」

の有資格者が在籍しています。

 

雨漏り診断士とは、

「NPO法人 雨漏り診断士協会」が認定する資格であり、

 

雨漏り診断に関する調査研究や教育研修を実施して、

公正な立場で診断を行うことができる

「雨漏りのプロ」

のことをいいます。

 

雨漏りでお悩みであれば、

ぜひご相談ください。

「一般社団法人 住宅総合調査協会」なら無料で調査・申請を

火災保険の申請は誰でもできるものではあるのですが、

適正な保険金を受け取ることはとても難しいのです。

 

住宅総合調査協会では、

無料で火災保険の調査・申請をお手伝いしています。

 

住宅総合調査協会は

火災保険に精通したスタッフが

現地調査を行っており、

 

年間で1000件を超える実績を持っています。

 

依頼を受けた建物に向かい、

損害状況を調べて火災保険の適用になるかどうか

判断します。

 

どのような損害に対して保険が適用されるのか、

ポイントを押さえていますので

身落とすことなく適正な保険金を

受け取ることができます。

 

もちろん保険適用にならないような損害でなければ、

保険申請は行いませんし、

調査費用等も必要にはなりません。

 

調査後は速やかに

申請書類の作成をサポートいたします。

 

申請書類を提出後には保険会社の現場調査が入り、

損害状況から実際の保険金額の認定額が決定します。

 

その後、

保険金がお客様の口座に

保険会社から振り込まれることになります。

「一般社団法人 住宅総合調査協会」はお客様のことを第一に考えています

住宅総合調査協会では、

保険会社から保険金が振り込まれましたら、

修理や補修の必要に応じて、

当協会の基準を満たす会員施工会社を

ご紹介しております。

 

一般的なリフォーム業者ではありませんから、

無理やり施工の契約を迫るようなことはありません。

 

あくまでお客様第一に考えています。

 

また工事完了後には

お客様に施工箇所に問題がないことを確認していただき、

ご納得していただいてから工事代金を

お支払いいただいております。

アーカイブ

カテゴリー