住宅総合調査協会ブログ

火災保険を適用して修繕する業者は詐欺なの?火災保険を適用する詐欺業者とのトラブル事例をご紹介!

年間1000件以上の

住宅調査を行っている

住宅総合調査協会です。

 

火災保険を活用した

住宅の修繕ができるのかどうか、

無料で調査を行い、

申請のお手伝いをしております。

 

火災保険を活用すると、

『風災・雹災・雪災』など

自然災害での被害を保険で

修繕することができます。

 

火災保険は

火災による損害だけだと

考えがちですが、

 

保証範囲はかなり広く、

自然災害においても

補償されることが多いからです。

 

しかし残念ながら、

火災保険を活用して

詐欺を行う悪徳業者が

増えているのは事実です。

 

トラブル内容は

どのようなものなのか

お伝えしながら、

 

住宅総合調査協会では

どのような取り組みを

行っているのかお伝えします。

火災保険を適用する詐欺業者とのトラブル事例

自然災害による

被害を受けたもので、

火災保険適用になるのであれば、

その費用で修繕を行うのは

まったく問題ありません。

 

しかし火災保険を適用する

詐欺業者とのトラブルは

増えています。

 

「火災保険を活用すれば無料で屋根の修理ができます!」

「あなたの修繕の費用負担は0円です!」

「手続きは当社がすべて代行します!」

 

などと「無料」を強調した

営業トークで勧誘する業者が

増えています。

 

これらの業者の多くは

直接ご自宅に訪問して

勧誘することが特徴です。

 

火災保険の手続きを代行し、

保険金の範囲内で

住宅の修繕を行うという

サービスですが、

 

次のようなトラブルが

数多く起きています。

1、経年劣化による損傷なのに自然災害が原因であるとして申請するよう勧められる

冒頭でもお伝えした通り、

火災保険は火災による損害だけではなく、

 

『風災・雹災・雪災』など

自然災害での被害も

適用となることがあり、

 

保険金を請求することが

可能です。

 

あくまで台風や暴風雨などによる

自然災害が対象となっており、

 

経年劣化での損傷については

火災保険の対象と

しておりません。

 

ただ実際には

どれが自然災害による被害なのか、

経年劣化による被害なのかについては

見分けることが難しいことは

間違いありません。

 

悪徳業者の中には、

経年劣化による損傷を

自然災害だと偽って申請するよう

勧めるケースもあります。

 

この行為は詐欺行為になりますから、

決して許されるものではありません。

 

そして建物に住むあなた自身も

詐欺の加害者となってしまうのです。

 

それが嫌で勧誘を断れば、

嫌がらせを受けたというケースも

見られています。

2、自己負担はゼロだと言われたのに、負担金が発生した

「修繕費用は無料である」と

強調して勧誘を行いますが、

 

悪徳業者の狙いは

修繕のための住宅修理工事契約です。

 

そのため仮に

火災保険の適用外と判断されて

しまった場合においても、

 

住宅修理工事契約は

成立しているとして

負担金を請求してきます。

 

最初から自己負担はゼロ円になると聞いて

安心していたにも関わらず

負担金を請求されたら

誰でも驚かれます。

 

無料ではないのならば

解約すると伝えたところ、

 

住宅修理工事契約の解約料として

工事費用の50%を請求されるような

トラブルがありました。

 

このようなケースでは、

契約時に無駄な部分の工事まで

付けてくることがあります。

 

「無料だから修繕しておきましょう」と

お得感につけ込んで工事契約を

迫ってくることがありますが、

 

保険金がおりない場合においては

自己負担が増える原因と

なってしまいます。

3、保険金額を支払ったのに工事が着工されない

業者に火災保険に対する

手続きを代行してもらい、

 

保険金額を支払った途端に

連絡が取れなくなり、

 

工事がまったく行われないという

トラブルも見られています。

 

業者はそもそも工事を行うつもりはなく、

保険金額を持ち逃げするつもりで

手続きのみを行っているのです。

 

このようなケースでは、

契約時に契約書面に署名・捺印を

しているものの、

 

控えを渡されないことも

あります。

火災保険で詐欺に遭わないためにはどうすればいい?住宅総合調査協会にお任せください!

年間1000件を超える調査実績を持つ

「一般社団法人 住宅総合調査協会」に

お任せください。

 

私たちはお客様のことを第一に考えて、

現地調査を行ってます。

 

冒頭から申し上げている通り、

『風災・雹災・雪災』など

 

自然災害での被害であれば

火災保険を活用して

住宅を修繕することができます。

 

火災保険の手続きに精通した

スタッフが現地調査を行い、

 

必要に応じて施工会社を

紹介しています。

 

私たちがどのように

調査や手続きを行っているのか

お伝えしましょう。

「一般社団法人 住宅総合調査協会」は年間1000件を超える調査実績があります!

住宅総合調査協会は火災保険に

精通したスタッフが

無料で住宅調査を

行っており、

 

年間で1000件を超える

実績を持っています。

 

依頼を受けた建物に向かい、

損害状況を調べて

火災保険の適用になるかどうか

判断したうえで

 

申請書類の作成を

サポートいたします。

 

もちろん保険適用に

ならないような損害でなければ

保険申請は行いませんし、

 

調査費用等も

必要にはなりません。

 

また保険会社から

保険金が振り込まれましたら、

修理や補修の必要に応じて、

当協会の基準を満たす

会員施工会社をご紹介しております。

 

一般的なリフォーム業者ではありませんから、

無理やり施工の契約を迫るような

ことはありません。

 

あくまでお客様第一に

考えていますので

ご安心ください。

「一般社団法人 住宅総合調査協会」ではお客様のことを第一に考えています

火災保険の申請書類を提出後には

保険会社の現場調査が入り、

損害状況から実際の保険金額の

認定額が決定します。

 

その後、

保険金がお客様の口座に

保険会社から振り込まれることに

なります。

 

保険会社から振り込まれた

保険金のお支払いは

「工事完了後」

になります。

 

お客様に施工箇所に

問題がないことを

確認していただき、

 

ご納得していただいてから

工事代金を

お支払いいただいております。

 

また基本的にはお客様の

実費での施工は

お断りしております。

 

保険が適応できない損傷や

認定金額が工事費に満たない場合であっても

追加費用はかかりませんので

ご安心ください。

 

住宅総合調査協会と似たような名前で

同じ内容の活動をしているけれど、

 

中には悪質な業者もいますので

ご注意下さい!

 

そのような業者は当協会とは

まったく関わりがありません。

 

ぜひご安心頂いて

「住宅総合調査協会」に

ご相談ください!