住宅総合調査協会ブログ

屋根材の種類を徹底比較~その特徴とメリット・デメリット

自宅内での生活を守っているのは

「屋根」

だといっても過言ではありません。

 

しかし屋根は、

毎日雨風や太陽からの紫外線によって、

少しずつ劣化していく場所でもあるのです。

 

普段、

なかなか屋根の状態を

確認することはありませんが、

不具合を起こしやすい箇所でもあります。

 

ここでは

屋根材にはどのような種類があるのか、

その特徴を比較してみたいと思います。

 

また不具合があった際には、

ぜひ住宅総合調査協会にご相談ください。

 

屋根の施工に強い

協会会員会社がありますので、

一貫してお任せ頂くことが可能です。

 

屋根材の種類を徹底比較~その特徴とメリット・デメリット

屋根材の種類は豊富にありますので、

どのように選べばいいのか分からないでしょう。

 

そのため

一般の業者に相談することを

躊躇している方も

おられるかもしれません。

 

ここでは正しい屋根材を選ぶために

必要なポイントをお伝えします。

 

参考にしてください。

 

1.スレート瓦の特徴とメリット・デメリット

・スレート瓦のメリット

スレート瓦は

「カラーベスト」「コロニアル」

と呼ばれることもあります。

 

あらゆる屋根材の中で価格が安く、

施工しやすいのが大きなメリット

であると言えるでしょう。

 

種類が豊富にあるために、

どんな住宅にも活用できます。

 

軽量で耐震性に優れており、

耐火性にも強くなっていますので

温暖差によって

収縮することもありません。

 

スレート瓦のデメリット

スレートは塗装により

機能が保たれていますので、

 

どうしても経年劣化による

防水機能の低下が起こります。

 

そのため10年前後に

一度の定期的なメンテナンスの

必要があります。

 

また断熱性は高くありませんので、

夏は暑く冬は寒くなる傾向があります。

 

2.粘土瓦の特徴とメリット・デメリット

粘土瓦の特徴とメリット

粘土瓦は日本で古くから

親しまれてきた屋根材であり、

最も一般的だと言えるでしょう。

 

重厚感がありますので、

和風住宅だけではなく

洋風住宅でも使用されるようになりました。

 

耐久性が強く、

特にメンテナンスは必要にならないために

長い期間使用することができます。

 

また断熱効果や防音性に優れています。

 

また、粘土瓦は家を建てたときに

予備の瓦をもらうことが多く、

割れても差し替えるだけで

済むことが多いです。

 

粘土瓦のデメリット

粘土を焼いて作られた瓦ですので、

ほかの屋根材よりも重量があります。

 

そのため住宅によっては

耐震性に難点がある

考えられています。

 

また吹き替え費用は高くなり、

メンテナンスが

必要になった場合においても

修理費用は高額になる

傾向があります。

 

3.セメント瓦の特徴とメリット・デメリット

セメント瓦の特徴とメリット

セメント瓦は

プレスセメント瓦(厚形スレート)、

コンクリート瓦と

呼ばれることもあります。

 

セメントと砂などを混ぜて成形し、

塗料で着色した瓦です。

 

見栄えは日本瓦と似ていますが、

セメント瓦の方が価格が安価となっています。

 

品質を均一にでき、

形もほぼ同一に出来ますから

施工しやすい素材であると

言われます。

 

セメント瓦のデメリット

ほかの屋根材と比べても割れやすく、

重量も重いために

耐震性には難があると

考えられています。

 

塗装が劣化してくると、

どうしても割れやすくなってしまいます。

 

そのためセメント瓦が色あせてくると、

早い段階で再塗装しなければなりません。

 

4.トタンの特徴とメリット・デメリット

トタンの特徴とメリット

トタンとは亜鉛メッキ鋼板のことであり

鋼板に亜鉛をメッキして

防錆加工している屋根材です。

 

屋根に限らず、

トタンを活用している建物は

多く見られます。

 

薄い鋼板ですので、

ほかの屋根材と比べて極めて軽量であり、

耐震性に優れていると言えます。

 

また安価ですので、

手軽に活用することが可能です。

 

トタンのデメリット

トタンには亜鉛をメッキしてありますが、

どうしても経年劣化は

防ぐことができませんので錆びが発生し、

 

場合によっては

雨漏りの原因になってしまいます。

 

また薄い鋼板ですので防音効果がなく

雨が降ると雨音がしてしまうことは

避けられません。

 

また断熱性能はほとんどありませんから、

冬は寒く夏は暑くなる傾向があります。

 

さらに塗替えサイクルが

ほかの屋根材に比べて最も短く、

5~8年に一度塗替えが必要です。

 

5.ガルバリウム鋼板の特徴とメリット・デメリット

ガルバリウム鋼板の特徴とメリット

ガルバリウム鋼板は、

アルミニウム・亜鉛・シリコンから成る鋼板を、

亜鉛でメッキしている鋼板です。

 

経年劣化して亜鉛のメッキが衰えてきても、

鋼板自体に亜鉛が含まれていますので

錆びないという特徴があります。

 

またアルミニウムが含まれていることによって、

耐熱性に優れています。

 

さまざまな形に加工されており、

近年では日本瓦とそっくりなものまで

登場しています。

 

ガルバリウム鋼板のデメリット

ガルバリウム鋼板は

屋根の修理やリフォームにおいて

人気の素材となっており、

デメリットも随分克服されています。

 

スレート瓦よりも費用が若干高め

なっていることが

デメリットであると言われます。

 

どうしても鋼板であるために

雨音が反響してしまうということが

挙げられます。

 

しかし最近は改良が進み、

防音性の高いものもできています。

(参考URL http://ickroof.net/

 

屋根に求められる役割とは?とても重要な屋根の修理

私たちの生活に大事な「屋根」ですが、

どうしても毎日の雨風や紫外線によって、

劣化しやすい場所であると言えます。

 

また台風や暴風雨などによって

影響を受けやすい場所でもあります。

 

実際、住宅に関するお悩みで

「屋根」に関するものは

とても多いのが現状です。

 

普段、なかなか屋根の状態を

確認することはありませんので、

ある日突然雨漏りがしてくるなど、

不具合を起こってしまうことも

少なくありません。

 

不具合が起きてしまうと、

生活上の安心や安全が

脅かされることになってしまいます。

 

そのため定期的な塗装など、

こまめなメンテナンスが

必要になってきます。

 

当協会では、

雨漏りの専門資格である「雨漏り診断士」

有資格者もおりますので、

急な雨漏りの場合に

ご相談頂くことも可能です。

 

屋根の葺き替えは住宅総合調査協会にご相談ください!

屋根に関するお悩みは、

ぜひ住宅総合調査協会にご相談ください。

 

私たちはお客様のことを第一に考えて、

現場調査を行っています。

 

また屋根の施工に強い協会会員会社がありますので、

一貫してお任せ頂くことが可能です。

自然災害は火災保険の対象となり修理費が自己負担0円になることも

『風災・雹災・雪災』など

自然災害での被害であれば

火災保険を活用して

住宅を修繕することができます。

 

住宅総合調査協会は

火災保険に精通したスタッフが

無料で現場調査を行っており、

 

年間で1000件を超える実績

持っています。

 

火災保険の手続きに

精通したスタッフが現場調査を行い、

必要に応じて施工会社を紹介しています。

 

もちろん保険適用にならないような

損害でなければ保険申請は行いませんし、

調査費用等も必要にはなりません。

 

基本的にはお客様の実費での

施工はお断りしております。

 

保険が適応できない損傷や

認定金額が工事費に満たない場合であっても

追加費用はかかりませんのでご安心ください。

屋根の施工に強い協会会員会社にお任せください!

保険会社から保険金が振り込まれましたら

修理や補修の必要に応じて、

当協会の基準を満たす会員施工会社を

ご紹介しております。

 

屋根の施工に強い協会会員会社ですので、

一貫してお任せ頂くことが可能です。

 

一般的なリフォーム業者ではありませんから、

無理やり施工の契約を迫るような

ことはありません。

 

あくまでお客様第一に考えていますので

ご安心ください。

 

保険会社から振り込まれた

保険金のお支払いは「工事完了後」

になります。

 

お客様に施工箇所に問題がないことを

確認していただき、

ご納得していただいてから

工事代金をお支払いいただいております。

 

住宅総合調査協会と似たような名前で

同じ内容の活動をしているけれど、

中には悪質な業者もいますのでご注意下さい!

 

そのような業者は

当協会とはまったく関わりがありません。

 

ぜひご安心頂いて

「住宅総合調査協会」にご相談ください!